ガルエージェンシーが起こした事件

トップ | ガルエージェンシーが起こした事件

ガルエージェンシーが起こした事件

こんにちは。総合探偵社東海リサーチ代表の勝俣です。

ガルエージェンシーが又、事件を起こしました。

以下、記事です。

警官の戸籍不正入手=暴力団関係者が依頼か―元弁護士ら5人逮捕・愛知県警

時事通信 11月11日(金)18時14分配信

愛知県警の警察官らの戸籍や住民票などを不正に取得したとして、県警捜査4課などは11日、
偽造有印私文書行使などの疑いで東京都中野区中野、司法書士事務所経営奈須賢二(51)、
世田谷区成城、元弁護士長谷川豊司(48)両容疑者ら5人を逮捕した。

同課によると、5人が2008年11月以降、1万~2万件の個人情報を不正に請求したことが判明。
捜査妨害を狙った暴力団関係者からの依頼もあったとみて調べを進める。

他に逮捕されたのは、練馬区中村北、司法書士佐藤隆(50)
▽横浜市青葉区市ケ尾町、探偵会社「ガルエージェンシー東名横浜」代表粟野貞和(62)
▽京都府八幡市男山八望、グラフィックデザイナー杉山雅典(54)―の各容疑者。
同課によると、佐藤容疑者は容疑を一部否認、残る4人は認めているという。 


<愛知県警>警官の戸籍謄本不正取得…司法書士ら5人逮捕

毎日新聞 11月11日(金)22時25分配信

暴力団捜査を担当する警察官の戸籍謄本などを不正に取得したとして、
愛知県警捜査4課などは11日、
司法書士や元弁護士ら5人を偽造有印私文書行使や戸籍法違反、
住民基本台帳法違反の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは▽「プライム総合法務事務所」経営、奈須賢二(51)=東京都中野区
▽探偵会社「ガルエージェンシー東名横浜」代表、粟野貞和(62)=横浜市青葉区
▽司法書士、佐藤隆(50)=東京都練馬区▽元弁護士、長谷川豊司(48)=同世田谷区
▽グラフィックデザイナー、杉山雅典(54)=京都府八幡市=の5容疑者。
容疑は共謀して10年3~7月に9回、司法書士であれば本人の同意を得なくても
住民票などを取得できる「職務上請求書」を偽造、架空の依頼人名を記し
名古屋市内の女性(47)ら7人の戸籍謄本や住民票の写しなどを不正に取得したとしている。
佐藤容疑者だけは否認しているという。

県警によると、7人のうち2人が県警の捜査員だった。
うち1人は、4月に県警が逮捕した指定暴力団山口組弘道会の周辺者で
風俗店グループの実質的経営者、佐藤義徳被告(54)=詐欺罪などで公判中=の捜査を担当。
10年夏以降、捜査員の携帯電話には、男の声で複数回にわたって「家族がいるだろう」
などと捜査をけん制するような内容の電話があったという。

県警は奈須、粟野両容疑者の事務所と山口組系の関連企業との間に資金の
つながりがあることをつかんでおり暴力団との関連を調べている。
また奈須容疑者らが2万枚の請求書を偽造し、1万枚を使って住民票や戸籍謄本を不正に取得、
身辺調査などに使用した可能性があるとみている。


◇「職務上請求」を悪用

住民票の不正取得に元弁護士や司法書士が関与したとされる今回の事件。
悪用された「職務上請求書」は弁護士や司法書士などの専門家などが使用でき、
委任状なしで第三者の戸籍謄本や住民票の写しの取得が可能。

今回の事件で、請求書を役所に郵送して不正取得した際、
請求者名に司法書士である佐藤容疑者の名前が書かれており
不正のチェックはできなかったとみられる。
不正取得された住民票を巡っては、消費者金融からの借り入れや
携帯電話の契約などで悪用されるケースが出ている。

戸籍法と住民基本台帳法は08年5月に改正され、本人確認などの手続きを厳格化するとともに、
30万円以下の罰金を設け、刑事事件としての立件が可能になった。

愛知県警によると住民票の不正取得を両法違反で立件したのは全国で初。


司法書士、暴力団担当警官の戸籍謄本を不正取得

読売新聞 11月12日(土)7時34分配信

愛知県警の暴力団担当の捜査員を含む7人分の戸籍謄本や住民票の写しを不正に取得したとして、
同県警は11日、東京都中野区中野、司法書士事務所「プライム総合法務事務所」実質経営者の奈須賢二(51)、
東京都練馬区中村北、司法書士佐藤隆(50)両容疑者ら5人を偽造有印私文書行使と戸籍法違反、
住民基本台帳法違反の疑いで逮捕した。

同県警によると、戸籍謄本の写しなどの不正取得を刑事事件として立件するのは
全国で初めてという。
捜査関係者によると、写しを取得された捜査員の自宅では、周辺を不審者が徘徊(はいかい)したり、
不審な電話が掛かってきたりしていた。

県警は、プライムなどと山口組系暴力団の関係企業との間で金銭授受があったことを確認しており、
暴力団の関与についても調べている。


<戸籍謄本取得事件>捜査班使用の車両が盗難 妨害目的か

毎日新聞 11月13日(日)2時9分配信

愛知県警が8、9月に相次いで盗まれた捜査車両2台を、司法書士らから戸籍謄本を不正取得された
警官の捜査班が使用していたことが12日、捜査関係者の話で分かった。
この警官は指定暴力団山口組弘道会の情報収集などを担当。

県警は車両盗難と戸籍謄本不正取得の両事件が捜査妨害目的の可能性もあるとみて関連を調べている。
捜査関係者によると、暴力団担当の捜査班が借りたレンタカーが8月、同県安城市内で駐車中に盗まれた。

9月には名古屋市内の駐車場で、同じ捜査班の車両が盗まれた。
この車両は直後に同市内のガソリンスタンドで代金を払わずに逃走し乗り捨てられていたが、
県警の駐車許可証はなくなっていた。一方レンタカーは見つかっていない。

県警は11日、他人の戸籍謄本や住民票を不正取得したとして偽造有印私文書行使容疑などで
司法書士ら5人を逮捕。
被害者の中に車2台を盗まれた捜査班の警官が含まれていた。

この警官は、今年4月に県警が逮捕した弘道会幹部の知人で、
風俗店グループ実質的経営者の佐藤義徳被告(54)=詐欺罪などで公判中=の捜査を担当。
10年夏以降には「家族に危害を与える」などとする脅迫電話も受けていた。


戸籍不正取得、1万件超か…依頼ルート確立

読売新聞 11月13日(日)21時11分配信

愛知県警捜査員らの戸籍謄本や住民票の写しの不正取得事件で、
同県警に偽造有印私文書行使などの容疑で逮捕された
東京都中野区、「プライム総合法務事務所」実質経営者の奈須賢二(51)、
練馬区、司法書士佐藤隆(50)両容疑者らのグループは、
全国各地の探偵事務所や調査会社から依頼を受け、不正取得を繰り返していた疑いのあることが分かった。

プライムが不正取得した戸籍情報は少なくとも1万件に上るとされ、
県警は、奈須容疑者らのグループに情報入手を依頼するルートが業界内に確立していたとみている。
捜査関係者によると、依頼は、粟野貞和容疑者(62)が代表を務める
横浜市の探偵会社「ガルエージェンシー東名横浜」に集約。
粟野容疑者は写し1件につき、約1万円でプライムに取得を依頼していた。


ちなみに以前(2001年頃)新聞で取り上げられた記事の内容

↓  ↓  ↓

貸金庫強盗致死:4容疑者を逮捕 警視庁
 
東京・歌舞伎町の貸金庫で昨年3月、現金約800万円が奪われ、
女性従業員が縛られたうえ窒息死した事件で、警視庁新宿署捜査本部は5日、
住所不定、無職、今野智之(30)▽東京都渋谷区神宮前2、
興信所ガルエージェンシー社員、染谷利貴(としたか)(36)両容疑者と
中国・福建省出身の男2人の計4人を強盗致死容疑で逮捕した。
捜査本部はほかに中国人5人が関与しているとみて行方を追っている。

調べでは、今野容疑者らは昨年3月15日午前2時10分ごろ、
新宿区歌舞伎町2のビル1階にある不動産会社の貸金庫に侵入。
受付業務をしていた文京区本駒込4、真鍋カツサさん(当時63歳)の
顔と両手足を粘着テープで縛ってトイレに閉じ込めて約1時間後に窒息死させ、
現金約800万円などを奪った疑い。


人間としてどうかと思う。

当社のように困っている方々の為に探偵業を行っている人達にとって迷惑な話。

ガルエージェンシーはコンビニエンスストアのようなフランチャイズですので

真面目に業務を行っているガルのオーナーさんも、もちろんいると思います。

今回の事件でガルエージェンシー本部も”知らぬ存ぜぬ”とはいかないと思いますし、

うやむやにしてはいけないと思う。

そもそも探偵業を行うには欠格事由があります。

代表の勝俣淳一は探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)により
公安委員会に下記、欠格事由に間違いない事を約束した誓約書を提出しています。

(欠格事由)
第三条  次の各号のいずれかに該当する者は、探偵業を営んではならない。

一  成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの

二  禁錮以上の刑に処せられ、又はこの法律の規定に違反して罰金の刑に処せられ、
その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して五年を経過しない者

三  最近五年間に第十五条の規定による処分に違反した者

四  暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年法律第七十七号)第二条第六号に規定する
暴力団員(以下「暴力団員」という。)又は暴力団員でなくなった日から五年を経過しない者

五  営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年者でその法定代理人が前各号のいずれかに該当するもの

六  法人でその役員のうちに第一号から第四号までのいずれかに該当する者があるもの

以前、経歴詐称で捕まった探偵社代表がいました。

という事は私たち探偵社代表が提出した書類を警察は本当かどうかチェックしているはず。

(暴力団関係者とか犯罪歴があるかどうかとか…)

探偵業届出証明書に必要な書類(個人の場合)

・1  履歴書
・2  住民票の写し
  (本籍記載のもの、外国人は外国人登録原票の写し)
・3  欠格事由に間違いない事への誓約書
  (法第3条第1号から第5号に該当しないことを誓約する書面)
・4  登記されていないことの証明書(法務局発行)
・5  身分証明書(市区町村発行)
・6  申請者が未成年である場合は、次の区分に応じた書類
  (婚姻により成年に達したものとみなされる者を除く)
1  探偵業に関し営業の許可を受けている未成年者
  (1) 法定代理人の氏名及び住所を記載した書面
  (2) 当該営業の許可を受けていることを証する書面
 2  探偵業に関し営業の許可を受けていない未成年者
   法定代理人に係る「・1」から「・5」までに掲げる書類
 
当然、わたくし勝俣淳一は何も後ろめたい事はしていないので

【静岡県公安委員会第49080141号】を掲示し正規に探偵業を営んでいます。

その為、年に一度必ず当事務所に沼津警察署生活安全課の刑事さんによる立ち入り監査が入ります。

法律により当社は警察の管理下に置かれていますので個人情報の取り扱いは厳しく管理しております。

また、オフィストウカイに在籍しているカウンセラーさんを含め全てのスタッフに

履歴書、住民票を提出して頂いて身元の確認をしており、ご相談者の個人情報及び

ご相談内容等の秘密を守る事、欠格事由に間違いない事の誓約書にも署名して頂いております。

当社では秘密が外部に漏れる事、悪用する事はありませんのでご安心下さい。

また、探偵社を選ぶ一つの基準として代表者の顔を公開しているかどうかをチェックしてみてください。

某テレビ番組で言っていましたが過去に不祥事を起こした企業のホームページには

代表者の顔が公開されていない例が多かったと言います。

後ろめたい事をしていると顔を出せないのではないかとの事でした。

総合探偵社東海リサーチは1999年に設立していますが以前から代表者であるわたくしの顔は公開していました。

是非、信用信頼でき、あなたの為に親身に話を聞いてくれる探偵社、カウンセリングサロンをお選びください。

改めて総合探偵社東海リサーチ&カウンセリングサロンオフィストウカイ:代表 勝俣淳一です。

総合探偵社東海リサーチ&カウンセリングサロンオフィストウカイ代表:勝俣淳一です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ 総合探偵社東海リサーチ総合ページ http://www.office-tokai.com/tr/ 

◆ 東海リサーチ浮気調査専門ページ http://www.tokai-research.com/

◆ カウンセリングサロンオフィストウカイ http://www.office-tokai.com/

◆ JMCN日本心理相談カウンセリング協会 http://www2.ttcn.ne.jp/~tokai-research/jmcn.html

代表:勝俣淳一